top of page
  • 中谷 洸太

会計ソフトについてのお知らせ


本日うちの事務所で税務顧問している普通法人(一般の企業さんです。)向けに利用している会計ソフト(A-saas)について営業担当さんとお話をしてできることの確認をしてきたので、お知らせです。

1.会計ソフトとネットバンキング等との連携(追加コスト0)

追加コスト0でネットバンキング等のデータの取り込みを行えるようになったみたいです。

会計業務の入力の箇所にある「A-saasコネクト(β版)」と書かれている箇所を選択すると、「Moneytree」との連携画面が開くので、「Moneytree」のアカウントがない方はアカウントの設定をしていただき、「Moneytree」と自分の口座の連携を行ってください。

「Moneytree」側の設定が終わると、「Moneytree」と「A-saasコネクト(β版)」との連携を設定してください。

連携設定後、まずは口座一覧が表示されますので各口座ごとの勘定科目と補助科目の設定です。この設定を忘れると読込後に口座の方の上方が科目未設定の科目で読み込まれちゃうので注意が必要です。

その後は取引一覧で未登録明細を見て、それぞれの取引毎に科目の設定を行います。

※内容によって処理方法を変えたいときは科目未設定のまま自動化設定をするといいかもです。

あとは一括仕訳のボタンを押せばOKなので、その後に預金残高等の確認を行うようにしてください。

2.法人カードのご紹介について

A-saasとライフカードさんが提携を行ったので、法人カードのご紹介ができるようになりました。

一番のウリは法人カードを代表者のアカウントで作れるってところで、法人設立してすぐでも作れるよってことみたいです。

3.送金手数料が安くなるサービスとの連携について

送金手数料割引サービス「Bankur」との連携を行うようになるみたいで、11月から会計ソフト上で振込ができるようにするとのことです。

税抜260円の振込手数料でどの金融機関にも振込ができるので、振込先をしっかりと選定すれば少しだけですが、コスト削減にも繋がりますのでご活用になりたいときはお知らせください。

以上、本日担当者から聞いた情報です。

2017.10.26時点での情報ですので、さらに追加情報があればまたお知らせを行っていきます。

閲覧数:105回0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page